×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

英語 通訳者なるには?

まず英語 通訳者を目指すなら最低の入門クラスレベルとしては、概ね英検準1級以上とされています。その後民間の英語 通訳学校で英語 通訳技術を学ぶのが一般的です。
英語 通訳の仕事は、英語 通訳学校を出てすぐになれるというものではなく、訓練を受けながらOJT(On the Job Training)で通訳の経験を積みつつ、技術を身につけていくのが普通なのです。英語 通訳の仕事をこなしながら訓練を続けるていくのが一般的です。
そこで英検準1級検定資格の取得と平行して、下記のような学校や講習を受ける必要があります。
英語 通訳スクールガイド
・ハロー通訳アカデミー 
1977年創立の日本で最も伝統のある通訳ガイド国家試験受験専門予備校で、毎年、英語合格者の約80%を独占しています。全国にハロー直営校8校(通学コース)、代ゼミライセンススクール24校(通学ビデオコース)の計32校があります。通信コース(CD、テープ)も充実。
住所:〒166-0001 東京都杉並区阿佐谷北2-13-2 阿佐ヶ谷北口駅前ビル8F
TEL:0120-289-860(フリーダイヤル) 
詳細はココ ⇒ ⇒ ハロー通訳アカデミー



・サイマル・アカデミー

会議通訳者養成でしられる、伝統ある通訳学校。サイマル・ビジネス・コミュニケーションズ、サイマル・インターナショナルへの登録を通じて、在校生、卒業生のキャリアをサポート。
詳細はココ ⇒ ⇒ サイマル・アカデミー



・NHK情報ネットワーク 国際研修室

放送関連の通訳養成で抜群の実績を誇る。NHKの報道・国際部門をサポートする関連会社NHK情報ネットワークの一部門。 詳細はココ ⇒ ⇒ NHK情報ネットワーク



・コングレ・インスティテュート(東京・大阪・名古屋)

国際会議の企画や運営を手がける株式会社コングレの直営による、通訳者、翻訳者、語学スペシャリスト養成機関。 詳細はココ ⇒ ⇒ コングレ・インスティテュート



・アイ・エス・エス 

長年蓄積された実践的な教材や「OJTシステム」を通して、通訳者、翻訳者としてのプロデビューをサポート。 詳細はココ ⇒ ⇒ アイ・エス・エス



・インタースクール(東京、名古屋、大阪、京都、広島、福岡、金沢、仙台)

語学教育で定評のあるこの学校では、会議通訳コース、ビジネス通訳コースを開講している。株式会社インターグループが在校生、卒業生のキャリアをサポート。
詳細はココ ⇒ ⇒ インタースクール

英語 通訳の仕事見つけ方?

英語 通訳という仕事は、英語 通訳学校を出てすぐに英語 通訳の仕事が出来るというタイプの仕事ではなく、また学校も技術習得の場であって、英語 通訳の仕事を保証してくれるというわけでもありません。多くの英語 通訳者は、以下のような方法で仕事を獲得しています。
(1)英語 通訳スクール在学中に学校に掲示されている求人に応募
(2)英語 通訳スクール在学中に学校関連のエージェントから仕事を紹介してもらう
(3)英語 通訳スクール在学中に別のエージェントに登録して仕事をもらう
(4)英語 通訳スクールを修了してから別のエージェントに登録して仕事をもらう
などが一般的だそうです。
「エージェント」というのは、英語 通訳者と英語 通訳者を必要としている企業などを仲介する業者のことです。大手の英語 通訳者養成スクールは、関連会社としてPCO(Professional Congress Organizer)などのエージェントを持ち、在校生や卒業生を英語 通訳者や語学スタッフとして多く起用している。
このようなスクールでは、受講生をOJTで一人前になるように養成し、結果的には自社の英語 通訳者として使えるというメリットがある。
その他にも、英語 通訳エージェントには以下のような種類がある。
・政府関連機関
・イベントの企画・運営を中心とするエージェント
・国際会議やイベントを中心とするエージェント
・芸能関係を中心とするエージェント
・旅行業務を中心とするエージェント
・人材派遣会社
<英語 通訳の仕事獲得までの道順>
新聞などの求人欄を見て、英語 通訳の募集の探す

エージェント・派遣会社などに電話でコンタクト

面接・トライアル

英語 通訳者の登録決定

エージェント若しくは派遣機関から最初の仕事の打診

現場で英語 通訳の仕事
英語 通訳の未経験者は、最初のうちは人材派遣会社などに登録するのが良いと思います。また国際交流団体などの機関に登録し、ボランティア通訳として経験を積んだり、政府関連のエージェントに登録し、いったん実力が認められると比較的コンスタントに仕事を回してくれるようになります。
英語 通訳者の 仕事の種類を以下にまとめておきます。
・政治・ビジネス・学術関連の英語 通訳
・放送英語 通訳
・法廷・捜査の英語 通訳
・芸能英語 通訳
・スポーツ英語 通訳
・英語 通訳ガイド
・ボランティア英語 通訳

英語 通訳の気になる収入額

英語 通訳の料金は、仕事の内容、通訳者のレベルなどで報酬が違います。
人材派遣の場合は時給で、1時間2,000円〜5,000円が相場だそうです。
・4〜5時間は半日扱い。
・7〜8時間は1日扱い。
レベル別の標準的な報酬
英語 通訳の経験の少ないレベル
英語 通訳そのものよりも、意心地の良い対応が求められます。
報酬は、1日(8時間程度)15,000円〜20,000円

一般通訳
接客が伴う通訳が多く、ほとんどが逐次通訳。
1日20,000円〜30,000円前後。

Bクラス 一般通訳
十分な経験を積み、安定したスピーディな力があり、同時通訳も一部行える。
報酬は、1日30,000円〜50,000円前後。
Aクラス 同時・逐次通訳
大勢の人を前の英語 通訳経験多く、逐次より同時通訳の方がメイン。
英語 通訳者として10年以上の経験を持ち、
同時通訳・逐次通訳共、どんなジャンルも安定してこなせる能力がある。
報酬は、1日50,000円〜100,000円前後。

Copyright © 2007 英語 通訳と英語 通訳の需要